風俗で働く前に女の子が備えておきたい7つのスキル

風俗で働く前に女の子が備えておきたい7つのスキル

求人からお店に応募する前に、風俗嬢として磨いておくべきスキルがあります。
主にお客さんからの評価につながるのは、笑顔・会話・接客・テクニックの4つ。
ただし、これらのスキルは持っていて当たり前の範疇です。

風俗嬢として指名本数を伸ばし、圧倒的な稼ぎを得たい女の子は、合計7つのスキルを身につけましょう。
1度習得したスキルを実践で応用していくうちに、万人ウケする風俗嬢になれます。

そこで今回は、風俗で働く前に女の子が備えておきたい7つのスキルについて解説します。

1.笑顔は風俗嬢のデフォルトスキルにしよう

笑顔は風俗嬢のデフォルトスキルにしよう

風俗のお仕事を始めるなら、入店直後から笑顔だけは誰にも負けないようにしておくべき。
新人の女の子は、ベテラン嬢に比べればテクニックも乏しいはずです。
そんな中、笑顔もないとなると、あなたの魅力は1つも感じ取ってもらえません。

「笑顔は大事なんて大袈裟!」と思う女の子は、騙されたと思って取り組んでみましょう。
あなたが思うよりずっと、お客さんはニコニコしている風俗嬢を好みます。
心理学の観点からみても男性は、女性に癒しを求める傾向にあるのです。

つまり、ぶすっとしている女の子よりも、笑顔で迎えてくれる人のほうが、男性から支持されやすいということ。
どんなに小さなことでも、継続して取り組むうちに立派なスキルとなります。

2.会話力のない女の子はお客さんを萎えさせる

会話力のない女の子はお客さんを萎えさせる

風俗嬢の基本スキルとされる会話力は、多くの女の子を悩ませていることでしょう。
元々、人と接するのが好き・おしゃべりが得意という人もいれば、奥手で引っ込み思案なタイプもいますよね。

それでもやはり、会話力のない女の子はお客さんを萎えさせてしまいます。
コツさえ掴めば誰でもネタ提供が出来るようになりますから、あきらめないでください。

また、会話力といっても、ただ一方的に話すわけではありません。
聞き上手・褒め上手であることも、このスキルの一環。

●会話力のある風俗嬢の特徴

ここでは、男性客T氏と風俗嬢A子のトーク事例をもとに、“会話力のある女の子の特徴”について掘り下げます。
下記の会話内容を見ながら、相づちのうち方・お客さんを褒めるタイミング・会話ネタを提供する頃合いを掴んでいきましょう。

T氏:いやぁ久しぶりだね、A子。
A子:ね、本当ですね!また会えて嬉しいです。※1
T氏:元気にしてた?
A子:実は夏バテ気味だったんですけど、Tさんに会えたので元気になりました!
T氏:おっ、嬉しいこと言ってくれるね。
A子:そういえば今日、いつもと違うコスプレを追加されたんですね?※2
T氏:バレた? 普段はナースだから、今回はメイドにしようかと思ってね。
A子:コスプレって恥ずかしいですけど、ちょっと楽しみです。
T氏:それなら良かったよ。
A子:今日はせっかく暑い中来ていただいてるので、ご奉仕させてくださいね。※3
T氏:嬉しいねぇ。それじゃ、お言葉に甘えちゃおうかな。
A子:はい、任せてください!

【解説】

まずは、※1~※3までを見ていきましょう。
※1では、お客さんとの対面時の会話力が問われます。
「久しぶり」と言われた時、スルーしたり、気の利いた言葉を言えないのはNG。

必ず笑顔で「私も会いたかった」と返答しましょう。
その際に、プラスアルファで“○○さんに会えて元気が出た”と伝えられれば完璧です。

※2は、話題提供ですね。
ダラダラとおしゃべりを続けるのではなく、プレイに関係するほうへ話を転換しましょう。

※3では、プレイに入る前の意気込みを伝えています。
「じゃあ話は終わりね」などと言ってお客さんとの会話を切り上げるのは感じ悪いので、代わりにこうした言葉で上手く誘導してあげましょう。

3.接客力はポイントを押さえて磨こう

接客力はポイントを押さえて磨こう

みなさんは、「接客力」と聞いてどんなスキルだと想像するのでしょうか。
ひとまずお客さんをおだてる・笑いを取るなどの意見が多そうですが、そういうことではないのです。

本当に風俗嬢が身につけるべき接客力とは、“相手の目線に立った言動をすること”。
つまり、お客さんのニーズを先読みして動けることを指します。
別の言葉に言い換えれば、“ホスピタリティが高い”ということですね。

自分本位な考え方でプレイを進めてしまうのではなく、あくまでお客さん主体の考え方をしましょう。
同じ料金を支払うにしても接客力の高い風俗嬢を指名する方が、男性客にとっての満足度は高くなります。

4.プレイテクニックがあれば移籍後も即戦力になれる

プレイテクニックがあれば移籍後も即戦力になれる

デリヘル、イメクラ、ソープなど、風俗の職種は様々。
その中でも共通して行うサービスのことを“基本プレイ”と言います。
主にキス、全身リップ、手コキ、フェラチオなどを含むわけですが、これらは早い段階でマスターしておくべきです。

プレイテクニックが備わっている風俗嬢なら、未経験から入店する時はもちろん、移籍をするタイミングでも即戦力として通用します。
反対に、基本プレイが出来ない女の子は、指名されにくいのです。

5.風俗嬢にも教養は必要

風俗嬢にも教養は必要

風俗に来るお客さんの中には、知識を披露したいタイプもいます。
あるいは、教養のある人間同士の間でしか挙がらないような話題を共有したい人も。
そんな時、「私その話わからな~い」と言うのもアリですが、出来れば教養は身につけておきたいもの。

知識欲の高いお客さんばかりが来店するわけではありませんが、確実に1人は出会います。
話題提供された際の反応次第で、2度とあなたを指名しなくなる可能性もあるのです。
本気でお金を稼ぎたいなら教養を付け、知識通のお客さん対策もすべきでしょう。

6.本番強要を交わす口の上手さを身につけよう

本番強要を交わす口の上手さを身につけよう

風俗で働く女の子たちの悩みのタネとなるのが、本番強要です。
お客さんから性行為を求められることですね。
この際に、交わし方を知らないと被害が大きくなる可能性があります。

本番強要をやんわりと断りつつ、上手く交わす術を身につけましょう。
ポイントは、“困っている様子”を明らかにすること。
特に風俗未経験からの入店者は、ここを意識しましょう。
上級者向けのスキルは、本番強要を交わしながら色恋接客に持っていく方法です。

7.クレーマー客に動じないアウト返しを考えておくのも必須!

クレーマー客に動じないアウト返しを考えておくのも必須!

アウト返しとは、テレアポの専門用語。
お客さんからの指摘や質問に対して、低リスクな返答をすることです。
風俗嬢もクレーマーに出会うことがあるでしょう。

そんな時は、相手の怒りの矛先を自分から逸らすような受け答えをするのが大切。
多くの女の子はこのスキルを習得していないため、スタッフ頼みになってしまいます。
しかし周りからの助けをアテに出来ない場面もあるでしょう。
なんとかして自分の力で危機回避するように努めたいものですね。

【まとめ】

いかがでしたでしょうか。
今回は、風俗で働く前に女の子が備えておきたい7つのスキルについて解説しました。
一般的に必要なのは、上から順の4つとされることが多いです。

しかし実際は、プラスアルファで備えたいスキルがあるのです。
優良大手グループではその辺りについても講習を受けるかもしれませんが、ほとんどの風俗店では自力でスキルを身につけるように促されます。

後々になってから困らないように、入店前に必要なスキルを習得しましょう。
特に本番強要・クレーマーを交わすテクニックというのは、最重要視しても良いくらいの大事なスキルです。

風俗カテゴリの最新記事