アトピー持ち女性でも風俗嬢として働ける?

アトピー持ち女性でも風俗嬢として働ける?

アトピー持ちの女性のなかには、風俗嬢を目指している人もいるかと思います。
でも、アトピーになると肌はカサカサで痒く、見た目も良くありませんよね。

今回は、アトピー持ち女性でも風俗嬢として働けるのかについてお伝えしていきます。
「アトピーだから風俗は無理」と諦める前に、こちらの記事をお目通し下さい。
風俗嬢として評価されるのは、肌質だけではありません。

一番大切なのは、男性客を満足させたいと思える接客態度なのです。

①アトピーとは?

アトピー治療薬 軟膏

アトピーとは、アトピー性皮膚炎の略称です。
生まれつきアレルギーを起こしやすい人や皮膚が薄くて弱い人にみられがちな皮膚病です。

アトピーの症状としては、肌に湿疹が出来て痒みを伴います。
痒いからといって肌を掻きむしると、皮膚のバリア機能が低下して乾燥肌になります。
アトピーの症状が出たら、痒くても掻いてはいけません。
病院でステロイド薬やワセリンなどの軟膏を処方してもらいましょう。

アトピーは慢性化しやすいのも特徴で、長期的な治療が必要になります。
本格的な治療をする場合、食物アレルギーの検査を行いながら軟膏を塗って肌質を改善していきます。
アトピーの症状が続いている時は、香辛料の強い食品や刺激の強い化粧水は控えましょう。
出来るだけ肌に負担をかけない生活習慣を守ることが重要です。

②アトピー持ち女性でも風俗嬢として働ける?

風俗嬢

アトピー持ち女性でも風俗嬢として働くことは出来ます。
なぜなら、男性客によって重要視するポイントが違うからです。
たとえアトピーで肌荒れしていても、接客が素晴らしければ指名はもらえます。

アトピーでなくとも、手抜き接客をするような風俗嬢は指名されません。
風俗店側は、アトピー持ちの風俗嬢が肌質改善の為に努力しているかどうかを見ます。

例えば、接客毎に乾燥肌対策をするような風俗嬢なら、お店側にも文句は言われません。
ただし、肌を掻きむしりながら接客をするような風俗嬢は、面接段階で不採用にされます。
男性客の前に立つことを考えて、アトピーなりに最善の努力をしましょう。
アトピーでも稼げる風俗嬢は沢山います。

人気嬢たちは、常にアトピーの症状が悪化しないようにスキンケアを徹底しています。

③アトピー持ち風俗嬢のアトピー対策2選!

アトピーの薬

アトピー持ちの風俗嬢は、アトピーを改善する為の対策をとっています。
以下より、3つの対策方法をご紹介していきます。

1つ目は、「ステロイド薬を薄めに塗る」方法です。

入力後、肌を清潔にした状態でステロイド薬を薄めに塗りましょう。
ステロイドは効力が強い為、人差し指の第1関節分だけの用量にすることも大切です。

2つ目は、「ビタミンCを沢山摂る」方法です。

キウイフルーツやイチゴなどビタミンCを含んだ食品を摂りましょう。
そうすることにより、肌のターンオーバーがよりスムーズに行われます。
毎日の食事の中でビタミンCを摂るのが難しければ、サプリメントで補うのもアリです。
アトピーを改善するには、毎日肌に良いことを積み重ねるのが一番です。
アトピー持ち風俗嬢はぜひ、上記の対策方法を試してみてください。

(まとめ)

いかがでしたでしょうか。
今回は、アトピー持ち女性でも風俗嬢として働けるのかについてお伝えしてきました。
実際に、アトピー持ちでも風俗嬢として活躍する人気嬢はいます。
固定観念にとらわれて自分の可能性を潰してしまうのはもったいないです。

まずは、アトピーを改善する努力と男性客に喜ばれる接客マナーについて学びましょう。
アトピーは、住環境や生活習慣によっても症状が和らぐことが大いにあります。
症状が悪化しない為のスキンケアについても知っておくとお仕事に役立ちますよ。

風俗カテゴリの最新記事