風俗の繁忙期・閑散期っていつ?

風俗の繁忙期・閑散期っていつ?

風俗業界における繁忙期・閑散期を知っていますか?
風俗嬢が効率よく高収入を稼ぐには、業界の客入りの流れを理解していることが大事です。
今回は、風俗業界における繁忙期・閑散期についてお伝えしていきます。

繁忙期・閑散期それぞれに合わせた稼ぎ方についてもじっくり解説します。
少しでも流れに乗って高収入が稼げる風俗嬢になりましょう。
そうすることで、目標貯金額を達成するスピードも格段に早くなるはずです。
稼ぎたい風俗嬢は、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。

①風俗の繁忙期はいつ?

風俗の繁忙期は、12月と1月です。
冬時期に入り、年末が近づくにつれて風俗業界は忙しくなります。

12月には、サラリーマンたちの忘年会が控えています。
忘年会の恒例行事のなかに、「2次会は風俗店に行く」というのがあるのです。
その為、集団で風俗店に来店する会社員もいます。

1月は、新年会が行われます。
忘年会の時と同様に、団体のお客さんが増えます。
成人式を終えた若者たちが風俗店に来ることも多々あります。

風俗の繁忙期に出勤する風俗嬢は、酔っ払い客に注意しましょう。
お客さんのなかでも、ベロベロに酔っぱらった人は入店出来ません。
が、ほろ酔い程度であれば接客対象として含まれることもあるのです。
酔っぱらった男性は、普段よりも力が強くなる傾向があります。
ガジマンをされて女性器を傷つけられることのないよう、上手く対処しましょう。

②風俗の閑散期はいつ?

風俗の閑散期は、2月と3月です。
冬時期に散財してお金をセーブする人たちが増えるので、客入りは少なくなります。
大学生たちも冬休み明けなので、風俗に通う暇がなくなる時期でもあります。

閑散期は年間を通してほんの2ヶ月です。

が、この期間中に、稼げる風俗嬢と稼げない風俗嬢の収入差が開きます。
固定客を沢山もっている風俗嬢であれば、通常どおり安定収入を見込めます。

一方、固定客がいない風俗嬢は稼げず、不人気嬢の仲間入りをしてしまうのです。
風俗業界では、閑散期にどれだけ稼げるかで風俗嬢の実力が決まるとも言われています。
客入りが多い時期に固定客を増やし、閑散期には固定客の来店を促すのが賢い稼ぎ方です。
閑散期に固定客がいない風俗嬢は、フリー客をまわされるのを期待するしかないでしょう。

③閑散期に稼げる風俗嬢になるには?

閑散期に稼げる風俗嬢になれれば、金欠に悩むこともありません。
お茶を引き続けている風俗嬢は、閑散期に入る前に対策をとりましょう。

閑散期に稼げる風俗嬢になるには、2つの方法があります。

1つ目は、「指名返しをする」ことです。
指名返しとは、まわってきたフリー客を自分の本指名客に変えることを言います。
本指名をもらうには、笑顔・気遣い・会話力が求められます。

前提条件としては、清潔感のある見た目も必要です。
閑散期を乗り切りたい風俗嬢は、こまめに自分磨きをしておきましょう。

2つ目は、「鬼出勤をしない」ことです。
鬼出勤とは、必要以上に連勤を繰り返すことです。
風俗嬢の平均出勤ペースは、週3程度です。
それ以上の出勤を繰り返すと、お客さんから地雷嬢とみなされ、指名が来なくなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、風俗業界における繁忙期・閑散期についてお伝えしてきました。
風俗嬢のみなさんは、閑散期に稼げていますか?
繁忙期にしか思うような稼ぎが得られないのなら、接客を見直す必要があります。
風俗の繁忙期・閑散期の流れを知り、稼げる流れに乗ることも重要です。

繁忙期と言われる期間以外にも、稼げる期間はあります。
GW・春休み・夏休み期間中にも客入りが増えますので、固定客を掴むチャンスです。
これらを意識して、思う存分、稼ぎましょう。

風俗カテゴリの最新記事